スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年度 区リーグ 第2節 (6月20日)

6月20日(土) 19:10 キックオフ 
vs EDCC      結果・・・2-3 負け

【メンバー】  ( )は得点数
ゴレ・・・・・・・畑山、近藤
フィクソ・・・・大塚、九萬原(2)
アラ・・・・・・・健吾、大木、佐藤、
ピヴォ・・・・・敬祐、山根、河原

【内容】
先発メンバー
ゴレ・・・・・・・近藤
フィクソ・・・・九萬原
アラ・・・・・・・大木、佐藤
ピヴォ・・・・・山根

前回よりは『個』の能力は格段に
当然、圧勝かと思いきや接戦。そして負け

出だしはボールを繋いで相手を翻弄する場面もしばしば。
そして、欲しかった先制点。
ここまでは、いい流れで来ているように思える。

が、

前節のように「ガムシャラ」さが欠ける。
綺麗な展開をしてしまっている。

もちろんこのような展開が望ましいんだけど、練習をしないルミエールにとっては所々でボロがでる。
相手は練習を重ねているチーム。
サインプレーも使用してくる。

そんな相手に、同じ土俵での勝負は避けたいところ。

そんな不安は的中。

すぐさま、ディフェンスのスキを突かれ失点。1-1。
そのまま前半終了。

後半、個人でボールを持つ時間が長くなる。
出しどころが無いのはわかるが、危険だ

つまり、前回よりも足が止まっていて、スペースも作れずパスも出せない。
しかも前めの奴は後ろの奴の『個』の能力に期待しすぎで、足元へのパスを待っている。
当然足は止まっている

フィールドは4人しかいないのに、前2人、後ろ2人で完全に分裂してしまいゲームにならない。

チーム力で勝る相手が得点を重ね、終わってみれば2-3で負け・・・。

だけど、新たな課題が見つかり次節へと繋がると思う。
次節は勝つ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。