スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿区 06月27日(土) レディース

見事!優勝!おめでとう

(記事:山口監督代行)

新宿区ワンデイレディース大会
4チームでリーグ戦を行った後、上位2チームで決勝戦を行い優勝を争う大会。


第1戦目対戦相手は主婦主体のママさんチーム。過去の対戦成績では圧倒しているため、初戦勝利は手堅いと予想。
しかしユニフォームを忘れたというアイムのまさかの遅刻
順番をずらしてもらえると楽観視する選手たちを尻目に試合は予定どおり始まる。
ルミエールが四人のまま。
(没収試合にならなくてホント運が良かったよ。byけじーこ終身名誉監督)

メンバー
アッコ、ミカ、ミオ、サトミ、後半途中~アイム

試合開始。
ゴレイロはミカ。数的不利のなか相手が前掛かりでくると判断。引いて守りながら、奪ったらミオとサトミのパス交換から飛び出しのよいアッコに積極的に相手の背後を狙わせる作戦に。

開始数分で相手が何気なく打った緩やかなミドルシュートが『ボーッとしてしまった』(ミカ)、ゴール右隅に流れ込む。
数的不利の上、一点ビハインドの苦しい展開。

しかし、すぐさまミオの右サイドを突破してのシュートで同点に追い付く。
その後は前掛かりで攻めてくる相手をしっかり守ってカウンターからチャンスをつくるもゴールは生まれず前半終了。

後半開始。メンバーは変わらず。アイムも未だ到着せず
フィクソとしてゲームをコントロールしているサトミがゴレイロに下がるという不安要素もあったが、代わりに入ったミカが前半のお返しとばかりのミドルシュートがゴールにスルスルと流れ込み逆転。
きっと相手ゴレイロもボーッとしていたのかもしれない。

後半数分が過ぎアイムが到着。
数的同数になりここからルミエールが攻勢に。

ここでアッコの外に走ってから中に入る見事な動きで縦パスを引き出し、ゴール前でプッシュ。3対1。
少し余裕が生まれたせいか、守備の乱れから失点し一点差にされるも、終盤にコーナーからまたもアッコがゴール前でプッシュ。4対2。
最後の最後に、疲れてサトミとゴレイロを交替していたミオがなんでもないミドルシュートにビビり、こぼしたところをプッシュされ失点するというオチもついて試合終了!
『私ゴレイロうまいんだから』(ミオ)と普段語る自信はどこから??

アイムの大遅刻、ケンゴの試合時間とスコアを間違えて報告する珍事もあったが、アッコの爆発もあり無事初戦勝利。
(遅刻する時は、理由を含め自分から連絡を入れようぜ!byけじーこ総監督)

090627_1359~01
(初戦、勝利後のメンバー:カメラマンけじーこ

第2戦目
相手は過去何度も優勝を争っているトカール。新宿区オープンリーグにも所属し、堅い守備力を誇るチーム。 とくにルミエールとの試合では引いて守りいつも厳しい戦いになる。

こちらはメンバーにヒラが加わり、フルメンバーで臨む。

メンバー
アッコ、ミカ、ミオ、サトミ、アイム、ヒラ

試合開始。
ゴレイロはアイム。
試合前に相手のワンツーとファーサイドに走り込む選手に気をつけること。
相手は引いてくるから落ち着いてボールを回しながら、縦パスを狙っていこう。
とチームの意識を高める。

予想どおり、引いて守る相手にボールは支配してもなかなかチャンスを見いだせないまま、時間だけが過ぎ前半終了。

後半開始
ゴレイロはミオ。
引いた相手に対してなかなか前に行けないため、前線に飛び出しのうまいアッコとヒラを同時起用。
それが功を奏し後半は決定機を幾度となく作るが決め切れず、攻めこめる分相手のカウンターに苦しめられる。
ゴレイロのミオが必死に叫び(悲鳴?)、初戦のミオを知る味方もシュートを打たせまいと集中して守り二戦目はスコアレスドロー。決勝進出は次戦に持ち越し。


第三戦目
FCエミーナ
相手は全員中学一年生という若いチーム。
よく走り、こぼれ球にも必死にくらいついてくる元気がある。

三チームが勝ち点が拮抗するなか、得失点差で下回るルミエールは引き分けでは決勝にいけない厳しい条件。相手は引き分けでも決勝進出が決まる。

引き分けでもダメというネガティブな雰囲気が漂う中、
『引き分けでも大丈夫という条件では、それが油断を生み、負けることがある。
うちらは勝てばいいだけ。はっきりした分戦いやすい。勝ってスッキリ決勝に行こう。』
そうみんなで鼓舞しあい決戦に臨む。

メンバーは変わらず。
必勝を期し、守護神ヒラをゴレイロに置く。

試合開始。
前からプレスしてくる相手をアイムとサトミでいなしながら攻めようという作戦どおり、
常にルミエールペースでゲームは進む。
とくに保育士が子供に負けられないよな!と発破をかけられたアイムが攻守に奮戦。
いい流れで前半終了。

後半、シュートを打たれてなく攻め込まれることもないと踏み、得点力のあるヒラをフィールドに。
それでも引き分けでもよしとする相手が粘る。その粘りでトカールをも無失点に抑え引き分けている。

ラスト3分。

ベンチからアイムのポジションを下げ、サトミにポジションを前に上げて攻め込むよう指示が出る。
そしてラスト1分がベンチから叫ばれ、プレス!攻めろ!と声が飛び、選手は一気に勝負に出る。
そして流れるようなパス回しからゴール前に飛び込んだサトミが横パスをゴールに流し込み決勝進出を手繰り寄せるビューティフルゴール!

その後はキープしながら、リスクを背負わずにゲームを締め試合終了の笛。
相手の粘り強い守備に手をやくも首位で決勝進出。


決勝戦
相手は予選で引き分けているトカール。勝ったほうが優勝という決着をつけるには絶好の舞台。

ルミエールは必勝態勢。
守護神ヒラをゴレイロに据える。

試合開始
やはり前回の試合と同じような展開。
ここ2試合、最後の個の打開力の欠如は気になっていたが、
『その分ボールをおもしろいように回せている』(アイム)とポジティブに選手たちは捉えていた。
その前向きな気持ちで相手を押し込んでいく。
だがトカールも最後のゴールは一歩も譲らない。

後半
この流れで行けば絶対に勝てると意気込みゴールを誓う。
守護神がヒラのためか動きのよいルミエールはシュートらしいシュートも打たれることなく、抜け出されかけてもヒラがなんなく断ち切る。
一方的に攻め立てるがここに来て、暑さと日差しで体力を奪われたため徐々に選手が疲れてくる。
残り4分。ミオが疲れて交替を自ら志願。
ベンチで『ラスト1分を切ったらまた入れるからそのときはサボらず走り切ってゴールを目指せ』(ケンゴ)と伝える。
今大会調子が上がらないミオの反骨心からのゴールへ向かう意識にかける。

そしてラスト1分。今大会は延長戦はなくすぐにPK戦。
しかし『ヒラさんがいるからPKになってもまったく心配ないから、落ち着いていた』(アイム)
ルミエールは攻め手を緩めない。

ベンチ手元のウォッチが鳴る。審判のウォッチの音も耳に入る。
ボールはルミエールの深い位置でのキックイン。

まだ笛は吹かれない。
『笛吹こうかと思ったけど、決勝戦だしロスタイムを少しとった』(某審判)

ベンチからラストチャンスと叫ばれる。

キッカーはミオ。
『敵にあたってでも入ればいい。』(ミオ)
そんなゴールに向かって蹴りこまれたシュート気味の速いボールにサトミがどんぴしゃヘッドでゴールにたたき込み遂に均衡を破る。

トカールもすぐにキックオフを始めるが、同時に試合終了の笛が鳴り響く。

優勝!!
ベンチにいるアッコもピッチの仲間に向かって駆け寄り、全員で喜びを爆発させた。

裏への飛び出しで走り、守備でも走り、初戦の勝利を呼び込んだアッコ。
要所要所で相手に対して身体を張ったミカ。
後ろで捌き、守備では身体を使ってボールを奪ったアイム。
攻守に渡りゲームをコントロールし、最後の2戦で連続ロスタイム決勝弾をたたき込んだサトミ。
ゴールに向かう姿勢を最後の最後まで出し続けたミオ。
ゴレイロとしてゴールに鍵をかけ味方を鼓舞、フィールドプレイヤーとしてもピッチにたったヒラ。

みんなが一丸となってチームで勝ち取った優勝でした。

090627_1552~0002
(優勝後の写真:カメラマンガッキー)(なぜか?けじーこ終身名誉監督も便乗して写る

けじーこの一言
ホント良く頑張って優勝したね!おめでとう!
健吾監督代行を筆頭に、全員で手にした優勝だね
おかげで、【GETU-9】の方に集中して運営をすることが出来たよ
感謝。感謝。

スポンサーサイト

フットサルプラス 阿佐ヶ谷 06月23日

【今日のメンバー】
 名前        ポジション
ハル        ゴレ&アラ
ケジーコ      ゴレ&フィクソ
たけぞー     アラ
ふじ         フィクソ
ばっしー      アラ
ナカジ       アラ
ひろ        フィクソ
ゆみ        アラ

【大会結果】 1勝2敗 2位

              [ルミエール]   [FC common]   [アレッサ]    [吉祥寺サッカー部]
  
[ルミエール]      ☆☆☆☆☆     2-3        3-3         1-0
                         
[FC common]

[アレッサ]

[吉祥寺サッカー部]


【得点結果】                得点    失点
 名前        ポジション
ハル         ゴレ          0      5
しげ          アラ          1
つな          ピボ          0
ひろ          アラ          0
ふじ          アラ          0
誠           ピボ          0
なかじ        アラ          3
ミツキ        アラ           1
翔太         フィクソ        1

【大会内容】
第1試合 vs 吉祥寺サッカー部 1-0 勝利
対戦相手とは一度も負けたことの無い相手。
前回もこんなことを言いながら、見事に敗戦。
が、今回は勝利!
だけど、1-0の辛勝はおかしい・・・。

前半、後半でメンバーを総入れ替えして挑んだ今回。
前半に得点が取れなかったものの、失点も無く無難に後半に引き継ぐが、
後半のメンバーで「みっチャン」の1点とは、少々遊びが過ぎた感じが・・・。

第2試合 vs アレッサ 3-3 ドロー

今回の優勝チーム。
結果だけを見ると善戦だけど、本来なら勝ちを拾えた試合だった。
前半に、キックインからセットプレーで決められて0-1。

しかし、
少々荒いゲームをしてくる相手なだけに、前半の6分でファールを2つもらい、
その後すぐに3つ目で第2PK。これをナカジが無難に決めて1-1。

その後、これまたナカジのハンドからフリーキックを直接決められて1-2。
その後、ゴレのロングスローをナカジが頭で合わせて2-2。
さらにナカジがとどめをさして、3-2。

のはずが、残り数秒でディフェンスを崩され3-3。

このドローは痛い。

第3試合 vs common 2-3 負け

この相手に、7点差以上つけて勝てば優勝!
というハンデを逆に負ってしまった。

というのも、第1試合で6点ほど取れる相手に1点止まり。
第2試合で勝てた相手にドロー。

当然、まだ優勝の目は残っているだけに頑張りを見せるが、「7点差」は落とし穴だらけだ。
当然ディフェンスがおろそかになり、立て続けに失点0-2。

後半組みが出てからも得点が奪えず、時間だけが過ぎていく・・・。
ここで、第2試合で負傷した「みっチャン」がベンチに下がる。

代わりに「つな」を投入。つな→翔太で1点を返す。
直後「つな」と「しげ」を交代。「しげ」がゴレの股抜きでゴールを決め2点目。

行ける!雰囲気になったとたんディフェンスがおろそかになり失点2-3。




やはり、勝てる相手には確実に勝ちに行き、得点を奪える相手からは取れるだけ取る!
これは勝負事には欠かせない事実だね。
またまた、勉強になったよ!

090623_2113~0002 090623_2111~0001 090623_2112~0001 090623_2113~0001
  ↑コンタクトを忘れたヒロ                ↑負傷したみっちゃん


2009年度 区リーグ 第2節 (6月20日)

6月20日(土) 19:10 キックオフ 
vs EDCC      結果・・・2-3 負け

【メンバー】  ( )は得点数
ゴレ・・・・・・・畑山、近藤
フィクソ・・・・大塚、九萬原(2)
アラ・・・・・・・健吾、大木、佐藤、
ピヴォ・・・・・敬祐、山根、河原

【内容】
先発メンバー
ゴレ・・・・・・・近藤
フィクソ・・・・九萬原
アラ・・・・・・・大木、佐藤
ピヴォ・・・・・山根

前回よりは『個』の能力は格段に
当然、圧勝かと思いきや接戦。そして負け

出だしはボールを繋いで相手を翻弄する場面もしばしば。
そして、欲しかった先制点。
ここまでは、いい流れで来ているように思える。

が、

前節のように「ガムシャラ」さが欠ける。
綺麗な展開をしてしまっている。

もちろんこのような展開が望ましいんだけど、練習をしないルミエールにとっては所々でボロがでる。
相手は練習を重ねているチーム。
サインプレーも使用してくる。

そんな相手に、同じ土俵での勝負は避けたいところ。

そんな不安は的中。

すぐさま、ディフェンスのスキを突かれ失点。1-1。
そのまま前半終了。

後半、個人でボールを持つ時間が長くなる。
出しどころが無いのはわかるが、危険だ

つまり、前回よりも足が止まっていて、スペースも作れずパスも出せない。
しかも前めの奴は後ろの奴の『個』の能力に期待しすぎで、足元へのパスを待っている。
当然足は止まっている

フィールドは4人しかいないのに、前2人、後ろ2人で完全に分裂してしまいゲームにならない。

チーム力で勝る相手が得点を重ね、終わってみれば2-3で負け・・・。

だけど、新たな課題が見つかり次節へと繋がると思う。
次節は勝つ!

フットサルプラス 阿佐ヶ谷 06月04日

【今日のメンバー】
 名前        ポジション
ハル        ゴレ&アラ
ケジーコ      ゴレ&フィクソ
たけぞー     アラ
ふじ         フィクソ
ばっしー      アラ
ナカジ       アラ
ひろ        フィクソ
ゆみ        アラ

【大会結果】 1勝2敗 2位

              [ルミエール]   [FC common]   [豊島園庭の湯]     [高南蹴球部]
  
[ルミエール]      ☆☆☆☆☆     1-2         2-3           3-3
                         
[FC common]

[豊島園庭の湯]

[高南蹴球部]


【得点結果】                得点    失点
 名前        ポジション
ハル        ゴレ&アラ       1      6
ケジーコ      ゴレ&フィクソ     0      1
たけぞー     アラ           1
ふじ         フィクソ         2
ばっしー      アラ           0
ナカジ       アラ           4
ひろ        フィクソ         0
ゆみ        アラ           1



【大会内容】
今日の戦犯!『ばっしー』&少し『俺』

第1戦 vs 高南蹴球部 3-4 敗戦
今まで、対戦してきて一度も負けたことの無い相手。
開始早々、ナカジの空気を読まないシュートが炸裂!1-0
その後、ナカジの空気を読んだ!?ザルなディフェンスからの失点1-1
その後、またもナカジが決め2-1。続くゆみがヘッドで流し込み3-1

普段なら、こんな感じで『勝ち』を手にしていたところだけど、今日は違った!
ばっしーの1度目のファールのあと、続いて2度目。
そこからのフリーキックを直接決められて3-2。
その後ゴレからのロングスローをゆみのハンドが取られ、第2PK!決められてしまい3-3。
その直後、ばっしーのこの試合3度目のファール!!!!
壁無しの、第2PKよりやや手前の位置。これを決められてしまい、3-4!
逆転を許してしまう・・・・。

第2戦 vs 豊島園庭の湯 5-0 勝利
珍しく、女の子が沢山居るチーム。雰囲気も上場!久しぶりに、穏やかな感じのゲームとなった。
この試合で、通算での初得点を守護神エロハルが決め、フジたけなかじと続き、大量の5得点!
ここで、俺は『ど・フリー』状態を外し、戦犯決定!

第3戦 vs common 1-3 敗戦
5点差をつけて勝てば優勝!
が、やはりそんなに甘くない!
見事!1-3で敗戦。
一矢報いたのが、フジのキックオフ・ゴールが決まったことかな♪
逕サ蜒・003_convert_20090608010004
1ゲーム(12分のランニングタイム)で3つのファールで逆転負けに絡んでしまったばっしー
『やさぐれ』度120%

逕サ蜒・001_convert_20090608010719 逕サ蜒・002_convert_20090608010643 逕サ蜒・004_convert_20090608010745
右端は絶好のチャンスで外して反省している俺。

2009年度 区リーグ 第1節 (5月30日)

昨年の成績は【0勝4敗1分】ダントツの最下位

5月30日(土) 19:10 キックオフ 
vs プリマヴェーラ東京      結果・・・6-4 勝利

【メンバー】  ( )は得点数
ゴレ・・・・・・・畑山
フィクソ・・・・大塚(3)
アラ・・・・・・・健吾、(1)大木(1)、綱島、近藤
ピヴォ・・・・・敬祐(1)、三浦、田畑

【内容】
先発メンバー
ゴレ・・・・・・・畑山
フィクソ・・・・大塚
アラ・・・・・・・大木、近藤
ピヴォ・・・・・田畑

対戦相手のHPを見る限りでは、なかなかの強敵なのが伝わってきた。
そこで、走り負けないことだけを、みんなに伝えて試合開始。

始まってみると、みんなの前線からのプレスに相手は戸惑いぎみ。

数分後、相手ゴレは狭いコートで慣れていないせいか、エリア外でハンド
このチャンスに大塚が直接決めて1-0

この1点は大きかった

ますます、みんなの動きが良くなり
気がつけば前半は6得点

が、やはり練習不足のため守備で欠点が露呈してしまった。

相手のキックインからのセットプレーで前半は2失点
深い位置でのキックインは、第2PKよりも距離が短く失点に繋がる可能性が大きい。

とりあえず6-2で前半が終わり、気分的にはずいぶんと楽になった。

後半に入り、全体的に守りに入ってしまった。
勝っているときの戦い方としては、無謀に攻めるよりは守備を固めるのが当然ではあるが、
守りを意識し過ぎて、みんなの足が止まってしまった。

『守備=相手が来るのを待つ』
の形になってしまった。

『守備=前線からのプレス』
が、狭いコードでは物凄くBESTな守りだと思う。

前半みたいに高い位置でのプレスが減ってしまい、簡単に攻め込まれている。
当然、被シュート率も上がりピンチを招く結果に。

後半は得点0。失点2。このうち、キックインからの失点がまたしても1つ。
狭いコートでの守備は、高い位置からのプレスが効果的なのが良く解った試合だと思う。

そうすることで、自陣の深い位置でのセットプレーは無くなり、失点に繋がることが少なくなる。
この反省点を、次節には克服していたい。

しかし、みんな!
よく走ってくれた
嬉しいよ



大会後の祝勝会?反省会?
090530_2155~0003 090530_2203~0002
今シーズンより新規加入した2人
ゲーム中の息もぴったり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。